衆議院

メインへスキップ



第1号 平成19年10月19日(金曜日)

会議録本文へ
本国会召集日(平成十九年九月十日)(月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。

   委員長 塩谷  立君

   理事 西銘恒三郎君 理事 葉梨 康弘君

   理事 山本 公一君 理事 三日月大造君

   理事 高木 陽介君

      赤池 誠章君    遠藤 宣彦君

      小里 泰弘君    大塚 高司君

      鍵田忠兵衛君    金子善次郎君

      亀岡 偉民君    北村 茂男君

      河本 三郎君    佐田玄一郎君

      島村 宜伸君    菅原 一秀君

      杉田 元司君    鈴木 淳司君

      竹本 直一君    谷  公一君

      徳田  毅君    長崎幸太郎君

      長島 忠美君    西村 康稔君

      林  幹雄君    原田 憲治君

      松本 文明君    望月 義夫君

      盛山 正仁君    若宮 健嗣君

      石川 知裕君    逢坂 誠二君

      川内 博史君    小宮山泰子君

      古賀 一成君    後藤  斎君

      長安  豊君    森本 哲生君

      鷲尾英一郎君    赤羽 一嘉君

      漆原 良夫君    穀田 恵二君

      亀井 静香君

    ―――――――――――――

九月十日

 塩谷立君委員長辞任につき、その補欠として竹本直一君が議院において、委員長に選任された。

平成十九年十月十九日(金曜日)

    午前十一時開議

 出席委員

   委員長 竹本 直一君

   理事 河本 三郎君 理事 西村 康稔君

   理事 西銘恒三郎君 理事 望月 義夫君

   理事 山本 公一君 理事 川内 博史君

   理事 後藤  斎君 理事 三日月大造君

   理事 高木 陽介君

      赤池 誠章君    遠藤 宣彦君

      小里 泰弘君    大塚 高司君

      岡部 英明君    鍵田忠兵衛君

      金子善次郎君    亀岡 偉民君

      北村 茂男君    佐田玄一郎君

      島村 宜伸君    菅原 一秀君

      杉田 元司君    鈴木 淳司君

      谷  公一君    徳田  毅君

      長崎幸太郎君    林  幹雄君

      原田 憲治君    松本 文明君

      盛山 正仁君    若宮 健嗣君

      渡部  篤君    石川 知裕君

      逢坂 誠二君    小宮山泰子君

      古賀 一成君    長安  豊君

      森本 哲生君    鷲尾英一郎君

      赤羽 一嘉君    穀田 恵二君

      糸川 正晃君

    …………………………………

   国土交通大臣       冬柴 鐵三君

   国土交通副大臣      平井たくや君

   国土交通副大臣      松島みどり君

   国土交通大臣政務官    金子善次郎君

   国土交通大臣政務官    谷  公一君

   国土交通大臣政務官    山本 順三君

   国土交通委員会専門員   亀井 為幸君

    ―――――――――――――

委員の異動

九月十日

 辞任         補欠選任

  塩谷  立君     岡部 英明君

十月十九日

 辞任         補欠選任

  長島 忠美君     渡部  篤君

  亀井 静香君     糸川 正晃君

同日

 辞任         補欠選任

  渡部  篤君     長島 忠美君

  糸川 正晃君     亀井 静香君

同日

 理事中野正志君八月二十九日委員辞任につき、その補欠として西村康稔君が理事に当選した。

同日

 理事後藤茂之君及び伴野豊君九月七日委員辞任につき、その補欠として河本三郎君及び川内博史君が理事に当選した。

同日

 理事葉梨康弘君及び三日月大造君同日理事辞任につき、その補欠として望月義夫君及び後藤斎君が理事に当選した。

    ―――――――――――――

九月十日

 交通基本法案(細川律夫君外五名提出、第百六十五回国会衆法第六号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 理事の辞任及び補欠選任

 国政調査承認要求に関する件


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

竹本委員長 これより会議を開きます。

 この際、一言ごあいさつを申し上げます。

 このたび、国土交通委員長に就任いたしました竹本直一でございます。

 今日、社会経済環境の変革が進む中、国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発展並びに海上の安全及び治安の確保を図ることを任務といたします、国土交通省を所管いたします本委員会に課せられました使命はまことに重要でございます。

 委員長に就任するに当たり、その職責の重さを痛感するとともに、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でありますので、委員各位の御指導、御協力を賜りますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

     ――――◇―――――

竹本委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。

 理事葉梨康弘君及び理事三日月大造君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

竹本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。

 ただいまの理事辞任及び委員の異動に伴い、現在理事が五名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

竹本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 それでは、理事に

      河本 三郎君    西村 康稔君

      望月 義夫君    川内 博史君

   及び 後藤  斎君

を指名いたします。

     ――――◇―――――

竹本委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。

 国土交通行政の基本施策に関する事項

 国土計画、土地及び水資源に関する事項

 都市計画、建築及び地域整備に関する事項

 河川、道路、港湾及び住宅に関する事項

 陸運、海運、航空及び観光に関する事項

 北海道開発に関する事項

 気象及び海上保安に関する事項

以上の各事項について、本会期中国政に関する調査を進めたいと存じます。

 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

竹本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

     ――――◇―――――

竹本委員長 この際、国土交通大臣、国土交通副大臣及び国土交通大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。国土交通大臣冬柴鐵三君。

冬柴国務大臣 第百六十八回国会における御審議に当たり、国土交通行政の当面の諸課題について、私の考え方を述べさせていただきます。

 まず初めに、新潟県中越沖地震や台風による災害で亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

 自然災害や事故などから国民の生命や財産を守ることは国土交通省の重要な使命であり、国民の安全・安心基盤の確立に全力で取り組んでまいります。

 去る十月一日に緊急地震速報の一般への提供を開始したところであり、今後、地震及び噴火に関する所要の措置を講ずるため、気象業務法の改正案を今国会に提出しております。これに加えて、災害リスクの増大に対応した防災・減災対策の強化や安全、安心なまちづくりなど、ハード、ソフト一体となった対策を推進してまいります。

 また、住宅・建築物やエレベーター、遊戯施設等の安全性の確保に取り組むとともに、六月に施行された改正建築基準法の円滑な施行を図るため、建築確認手続の円滑化など所要の措置を図ってまいります。公共交通などの安全確保については、運輸安全マネジメント評価の着実な実施等を図るとともに、所要の体制整備を図ってまいります。

 さらに、国際的な連携のもと、交通機関や港湾、空港などの重要施設のテロ対策の強化を図るとともに、老朽・旧式化した巡視船艇、航空機の代替整備や空き巡視艇ゼロを目指した複数クルー制拡充など海上保安体制の充実強化を推進します。

 四面環海の我が国における新たな海洋立国の実現のため、海洋調査の推進、安定的な海上輸送の確保等の海洋政策について、前通常国会で成立した海洋基本法に基づき、海洋政策担当大臣としても、政府一体となった取り組みを進めてまいります。

 近年、地域の間に格差と言われるさまざまな問題が生じております。地方と都会とがともに支え合う共生の考え方に基づき、豊かで持続的に発展する地域社会を実現し、地方の活性化、再生を図ることが国政の喫緊の課題であります。

 このような課題に対応するため、多様な広域ブロックが自立的に発展し、美しく、暮らしやすい国土を目指す国土形成計画の策定に取り組むとともに、それを踏まえつつ、経済と暮らしを支える幹線道路ネットワークや整備新幹線、広域的地域の自立、活性化のための公共施設等の整備を着実に推進してまいります。

 また、地域住民の自立した日常生活の確保や地域間交流の促進のため、地域公共交通の活性化、再生、全国各地のにぎわい創出に寄与する中心市街地の活性化や都市再生、歴史、文化等を生かしたまちづくりなどを着実に推進してまいります。

 本格的な人口減少・高齢化社会を迎えつつある我が国において、持続的な成長を維持するため、国際競争力の強化と観光立国の実現を推進してまいります。

 アジア・ゲートウェイ構想の実現に向けて、羽田―上海虹橋便の運航を開始したところであり、今後、関西・中部両空港を我が国を代表する国際拠点空港として戦略的にフル活用を進めるとともに、スーパー中枢港湾や羽田空港、成田空港などの大都市圏拠点空港、これらと都心部等を結ぶ道路や鉄道の整備など、ハード、ソフト両面から迅速、円滑、低廉な人流・物流体系の実現を目指します。

 また、観光立国推進基本計画に掲げられた訪日外国人観光客一千万人等の目標の達成、魅力ある観光地の形成等に向けた諸施策を推進するとともに、所要の体制整備を図ってまいります。

 地球環境問題への対応につきましては、低公害車の開発普及、環境に優しい交通の実現、住宅の寿命を延ばす二百年住宅の推進や住宅・建築物の省エネ性能の向上、バイオマスのエネルギー利用などに取り組んでまいります。

 また、少子高齢化への対応としまして、住宅セーフティーネット法の趣旨を踏まえ、高齢者、子育て世帯等の居住の安定確保を図るとともに、公共交通機関や建築物等の一体的、総合的なバリアフリー化を推進してまいります。

 これらの重要課題に適切に対処していくため、事業評価の厳格な実施、コスト縮減の徹底などの改革を進めつつ、真に必要な社会資本の整備を重点的かつ効率的に推進してまいります。

 入札談合等の不正行為の排除の徹底を図るとともに、価格と品質が総合的にすぐれた公共調達を実現し、技術と経営にすぐれた企業が伸びることができるような環境を整備するため、一般競争入札の拡大、総合評価方式の拡充、入札ボンドの導入等の入札契約制度改革を着実に進めてまいります。

 道路特定財源につきましては、昨年末に閣議決定した道路特定財源の見直しに関する具体策に基づき、納税者の理解を得つつ見直しを進めてまいります。

 以上、当面の課題に対する私の考えの一端を申し上げました。

 国土交通行政は、国土政策、社会資本整備、交通政策等を総合的に推進するという幅広い任務を担っており、そのいずれもが国民生活に密着するものであります。

 私たちの子供や孫たちが自信と誇りを持てるよう、安全、安心で外国との交流が盛んな国づくりを進めていくため、国民の皆様と同じ目線で、時代の潮流の変化に的確に対応した国土交通行政を着実に推進してまいります。

 委員長を初め委員各位の格別の御指導をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

竹本委員長 国土交通副大臣松島みどり君。

松島副大臣 国土交通副大臣を拝命いたしました松島みどりでございます。

 主に安全危機管理関係の施策、交通関係及び観光、気象業務の施策、そして北海道開発関係の施策を統括してまいります。

 冬柴鐵三大臣を支えまして、しっかりと仕事をしていく所存でございます。竹本委員長を初め国土交通委員会の委員の皆様の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。お世話になります。(拍手)

竹本委員長 国土交通副大臣平井たくや君。

平井副大臣 国土交通副大臣の平井たくやでございます。

 冬柴大臣のもと、主に災害対策、国土関係及び社会資本整備関係施策を総括させていただくことになっています。

 竹本委員長を初め委員各位の皆様方の御指導をお願い申し上げます。よろしくお願いいたします。(拍手)

竹本委員長 国土交通大臣政務官金子善次郎君。

金子大臣政務官 大臣政務官の金子善次郎でございます。

 主に災害対策関係施策及び社会資本整備関係施策、特に公共事業の適正な執行の確保に関する事務を命ぜられております。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

竹本委員長 国土交通大臣政務官谷公一君。

谷大臣政務官 大臣政務官の谷公一でございます。

 主に安全危機管理関係施策及び交通関係施策、特に航空関係事務を命ぜられております。

 委員長を初め委員の皆様、どうかよろしくお願いいたします。(拍手)

竹本委員長 国土交通大臣政務官山本順三君。

山本(順)大臣政務官 大臣政務官、参議院議員の山本順三でございます。

 主に国土関係施策及び北海道開発関係施策、特に新国土計画の策定及び土地対策の総合的な推進に関する事務を命ぜられております。

 どうかよろしくお願いいたします。(拍手)

竹本委員長 次回は、来る二十四日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午前十一時十四分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.