衆議院

メインへスキップ



第13号 平成23年5月24日(火曜日)

会議録本文へ
平成二十三年五月二十四日(火曜日)

    午後零時二十一分開議

 出席委員

   委員長 古賀 一成君

   理事 小宮山泰子君 理事 田村 謙治君

   理事 中川  治君 理事 長安  豊君

   理事 若井 康彦君 理事 福井  照君

   理事 山本 公一君 理事 高木 陽介君

      阿知波吉信君    石関 貴史君

      石森 久嗣君    市村浩一郎君

      糸川 正晃君    川村秀三郎君

      木村たけつか君    沓掛 哲男君

      小泉 俊明君    古賀 敬章君

      坂口 岳洋君    下条 みつ君

      高邑  勉君    玉木雄一郎君

      津川 祥吾君    富岡 芳忠君

      三村 和也君    三井 辨雄君

      矢崎 公二君    谷田川 元君

      赤澤 亮正君    小渕 優子君

      金子 恭之君    北村 茂男君

      佐田玄一郎君    徳田  毅君

      二階 俊博君    三ッ矢憲生君

      穀田 恵二君    中島 隆利君

      柿澤 未途君    中島 正純君

    …………………………………

   国土交通大臣       大畠 章宏君

   国土交通副大臣      三井 辨雄君

   国土交通副大臣      池口 修次君

   国土交通大臣政務官    市村浩一郎君

   国土交通大臣政務官    小泉 俊明君

   国土交通大臣政務官    津川 祥吾君

   国土交通委員会専門員   関根 正博君

    ―――――――――――――

委員の異動

五月二十日

 辞任         補欠選任

  中島 隆利君     吉泉 秀男君

同日

 辞任         補欠選任

  吉泉 秀男君     中島 隆利君

同月二十四日

 辞任         補欠選任

  橋本 清仁君     石森 久嗣君

  畑  浩治君     木村たけつか君

  向山 好一君     玉木雄一郎君

同日

 辞任         補欠選任

  石森 久嗣君     橋本 清仁君

  木村たけつか君    畑  浩治君

  玉木雄一郎君     向山 好一君

    ―――――――――――――

五月二十三日

 日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出第三二号)

同月十七日

 地域建設産業の復興を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第六四二号)

 同(笠井亮君紹介)(第六四三号)

 同(穀田恵二君紹介)(第六四四号)

 同(佐々木憲昭君紹介)(第六四五号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出第三二号)


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

古賀委員長 これより会議を開きます。

 内閣提出、日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律等の一部を改正する法律案を議題といたします。

 趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣大畠章宏君。

    ―――――――――――――

 日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律等の一部を改正する法律案

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

大畠国務大臣 ただいま議題となりました日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律等の一部を改正する法律案の提案理由につきまして御説明申し上げます。

 JR北海道、JR四国、JR九州及びJR貨物におきましては、低金利の長期化、高速道路網の発達、人口の減少、景気の低迷といった外部環境の変化から、厳しい経営状況に置かれております。

 また、整備新幹線につきましては、我が国の交通体系にあって基幹的な高速輸送体系を形成するものであり、その着実な整備を進める必要があります。

 さらに、いわゆる並行在来線につきましては、我が国の鉄道ネットワークの一部を構成するものとして重要な役割を果たしているものの、近年、その経営状況は厳しさを増しております。

 このような状況を踏まえ、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構の特例業務勘定の利益剰余金等を活用した鉄道施策を推進するため、このたびこの法律案を提案することとした次第です。

 次に、この法律案の概要につきまして御説明申し上げます。

 第一に、機構は、JR北海道及びJR四国の経営の安定を図るため、これらの会社が引き受けるべきものとして特別債券を発行するとともに、その引き受けに要する資金に充てるため、これらの会社に対し、無利子貸し付けを行うことができることとしております。

 第二に、機構は、JR北海道、JR四国、JR九州及びJR貨物の設備投資に必要な資金に充てるため、無利子貸し付けまたは助成金の交付を行うことができることとしております。

 第三に、機構は、整備新幹線の着実な整備を進めるため、北陸新幹線高崎―長野間の建設のための過去の借り入れに係る債務の償還、利子の支払いに必要な金額を、特例業務勘定から建設勘定に繰り入れることができることとしております。

 第四に、機構は、並行在来線を支援するため、いわゆる貨物調整金の交付に必要な金額を、特例業務勘定から建設勘定に繰り入れることができることとしております。

 その他、所要の規定の整備を行うこととしております。

 以上が、この法律案を提案する理由です。

 この法律案が速やかに成立いたしますよう、御審議をよろしくお願い申し上げます。

古賀委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。

 次回は、明二十五日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午後零時二十五分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.