衆議院

メインへスキップ



昭和五十九年八月七日受領
答弁第三五号

  内閣衆質一〇一第三五号
    昭和五十九年八月七日
内閣総理大臣 中曽根康弘

         衆議院議長 (注)永健司 殿

衆議院議員玉(注)和郎君提出不利益供述の強要に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。





衆議院議員玉(注)和郎君提出不利益供述の強要に関する質問に対する答弁書



 何人も自己に不利益な供述を強要されないことは、憲法第三十八条第一項の定めるところであり、刑事手続において、刑事訴追を受けるおそれのある者に対し、不利益な供述を強要するようなことがあつてはならないことは、申すまでもない。

 右答弁する。


衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.