衆議院

メインへスキップ



昭和二十九年六月三日提出
質問第二二号

 ローマ字に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和二十九年六月三日

提出者  田中久雄

          衆議院議長 堤 康次(注) 殿




ローマ宇に関する質問主意書


 国語教育の重要性にかんがみ、その一環たるローマ字に関してお伺いする。

一 ローマ字の必要性について、文部大臣の所見如何。
二 各式のローマ字つづり方に関する文部省の所見如何。
三 昭和二十八年三月十二日国語審議会決定のローマ字つづり方の第一表(訓令式と同様のもの)を文部省が採用した理由如何。
四 今回のローマ字つづり方の統一について、国語審議会の委員の選任、議事の運営並びにこれらに関する文部省の処置等に関して、若干の評がある。これらについて、文部省の具体的且つ詳細な説明を求める。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.