衆議院

メインへスキップ



昭和二十五年十一月三十日提出
質問第一二一号

 市町村民税徴收に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和二十五年十一月三十日

提出者  風早八十二

          衆議院議長 (注)原喜重(注) 殿




市町村民税徴收に関する質問主意書


一 東京都では、市町村民税の減免申請に対して、何ら理由を附さずに却下し、一方的に分割納税のみを通知してきたが、これは地方税法に違反していないか。又、再度減免申請は提出できるか如何。
二 新潟県新津町では、所得のない、いわゆる家族專従者に均等割を課税しているが、これは地方税法第三百十四條に違反すると思うが如何。
  これらのことは全国の市町村に起つており、そのため農商工業者にはばく大な負担となつているが、政府はいかなる対策を講じているのか。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.