衆議院

メインへスキップ



昭和二十五年十二月一日提出
質問第一四〇号

 固定資産税の徴收に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和二十五年十二月一日

提出者  風早八十二

          衆議院議長 (注)原喜重(注) 殿




固定資産税の徴收に関する質問主意書


 地方税法において、固定資産税に対して異議申立をする権利が與えられているが、自治体当局は「九〇〇倍の倍数、一・六%の税率は法律できまつており、賃貸価格は八月一日から廃止されているから」。という理由によつて異議申立を受け付けていないところがある。
 これは、納税者の正当な権利を無視するものであると思うが如何。
 政府は、固定資産税の異議申立権についてどのように考えるのか。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.