衆議院

メインへスキップ



昭和二十九年三月十二日提出
質問第一三号

 国民所得に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和二十九年三月十二日

提出者  井堀繁雄

          衆議院議長 堤 康次(注) 殿




国民所得に関する質問主意書


一 戦前及び昭和二十六年(暦年、年度)昭和二十七年(暦年、年度)、昭和二十八年(暦年)の国民所得(総額及び内訳)は、それぞれいくらであるか。また、その国民所得額は如何なる方法、資料、基準によつて算出されるのであるか。その概略について伺いたい。
二 昭和二十七年(暦年、年度)、昭和二十八年(暦年)の国民所得における勤労所得及び勤労所得以外のものについて、所得階級別の構成人員は、それぞれ何名であるか。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.