衆議院

メインへスキップ



昭和三十七年一月二十五日提出
質問第三号

 大分県杵築市内三社のタクシー営業免許申請却下に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和三十七年一月二十五日

提出者  小松 幹

          衆議院議長 (注)(注)一(注) 殿




大分県杵築市内三社のタクシー営業免許申請却下に関する質問主意書


一 大分県杵築市は、人口三万の地方小都市ながら近郷一帯の経済の中心地であり、営業用タクシーの需要は日増しに増加している実情である。
  現在、杵築・国東合同タクシー会社一社の独占経営にて市民は足の不足を痛感し、他営業タクシーの設立を望んでいる状態である。
二 昨三十六年四月杵築市内堀内数男他が杵築タクシー会社の設立をし、タクシー営業免許の申請を福岡陸運局にした後、引き続いて他二社の免許申請が提出された。
三 しかるに、その後九月を経過して、本年一月これらは皆却下の通知を得た。
  このタクシー営業免許申請却下の事実の上に立つて左の質問をする。

1 杵築市内のタクシー営業を一社のみの独占にまかせるべきか、いかん。
2 世論に公表される却下の事由を明示されたい。
3 申請以来九月を経過した事由。
4 許可制と認可制の相違を、事実をもつて解明されたい。
5 今後の処置いかん。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.