衆議院

メインへスキップ



平成十一年十二月十三日提出
質問第一四号

函館空港における東京路線のナイトステイの実現に関する質問主意書

提出者  金田誠一




函館空港における東京路線のナイトステイの実現に関する質問主意書


 函館空港における航空機の発着時刻は、本年十二月の東京路線の場合、始発は函館発8時55分(全日本空輸)、終着は函館着18時20分(日本航空)である。これは、旅客輸送実績において類似する他の空港に比べ、始発時刻が著しく遅く、終着時刻は著しく早い。
 そのため、東京への日帰り業務が困難である等、経済活動その他に著しい支障を生じ、公共の福祉を阻害している現状にある。
 その原因としては、他の類似空港で行われているいわゆる「ナイトステイ」が、函館空港においては行われていないことによると思料される。
 そこで、函館空港における航空機の「ナイトステイ」の実現に関し、去る平成七年四月二十六日付および平成九年十二月三日付をもって質問主意書を提出し改善を求めてきたところであるが、いまだ実施をみないことは甚だ遺憾である。よって、次の事項について質問する。

一 函館空港における東京路線の最近の年間旅客輸送実績はどのようになっているか。また、函館空港における東京路線の「年間総収入」および「年間総支出」はどのようになっているか。承知していないとすれば調査して回答されたい。
二 国内空港における東京路線のためのナイトステイの状況はどのようになっているか。また、ナイトステイを実施している各該空港における東京路線の最近の年間旅客輸送実績および始発・終着時刻はどのようになっているか。さらに、それぞれの空港における東京路線の「年間総収入」および「年間総支出」はどのようになっているか。承知していないとすれば調査して回答されたい。
三 函館空港に比較して東京路線の年間旅客輸送実績が下回る空港でナイトステイが行われているが、それらの空港でナイトステイが可能となっている理由は何か。各航空事業者の判断によるとすれば、空港ごとにその判断の理由を示されたい。
四 函館空港において、現在ナイトステイが行われていない理由は何か。各航空事業者の判断によるとすれば、その判断の理由を示されたい。
五 函館空港において、今後ナイトステイが可能になるためには、どのような条件が整うことが必要であるのか。具体的に示されたい。
六 函館空港における現行の発着時刻は、「公共の福祉を阻害している事実がある」と思料されることから、航空法第百十二条に基づき「事業計画を変更すること」を命ずるべきではないか。それができないのなら、この条項は不要と思われるが、どうか。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.