衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成十八年十月十六日提出
質問第八一号

外務省専門調査員による秘密公電のソ連国家保安委員会(KGB)への流出に関する再質問主意書

提出者  鈴木宗男




外務省専門調査員による秘密公電のソ連国家保安委員会(KGB)への流出に関する再質問主意書


 「前回答弁書」(内閣衆質一六五第八号)を踏まえ、追加質問する。

一 現在、在ロシア連邦日本国大使館に専門調査員(以下、「専門調査員」という。)は何名いるか。また、それぞれの専門調査員の所属と官職を明らかにされたい。
二 「専門調査員」に対して外交旅券が発行されているか。
三 「専門調査員」が極秘、秘密、取扱注意の指定がなされた公電、公信などの公文書を閲覧することがあるか。
四 一九八二年に在ソヴィエト連邦日本国大使館に専門調査員が配置される以前に、大学教員がアタッシェとして同大使館に配置されたことがあるか。
五 拓殖大学海外事情研究所教授の木村汎氏が、在ソヴィエト連邦日本国大使館に在勤した時期を明らかにされたい。この期間に木村汎氏は外交官としての特権、免除を享有していたか。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.