衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成十九年三月十九日提出
質問第一二九号

レバノン情勢に関する再質問主意書

提出者  鈴木宗男




レバノン情勢に関する再質問主意書


 「前回答弁書」(内閣衆質一六六第一〇九号)を踏まえ、追加質問する。

一 ヒズボラが過去にテロ活動に従事したことがあるか。あるならば、その事例を二件明らかにされたい。
二 「前回答弁書」において、「平成十三年六月に天木直人レバノン共和国駐箚特命全権大使(当時)がナスラッラー書記長と会見したことが当時報道された。」との答弁がなされたが、右会見の内容は外務本省に公電で報告されているか。
三 テロリズムに対する闘いは日本の国益に合致するか。
四 外務省は、日本のレバノン共和国駐箚特命全権大使がヒズボラの書記長と会見したことが、日本の国益に合致すると考えるか。
五 天木直人氏が外務省を退職した理由を明らかにされたい。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.