衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十三年八月二十九日提出
質問第四三四号

原子力発電所事故による牛乳・乳製品販売事業者への影響に関する質問主意書

提出者  高市早苗




原子力発電所事故による牛乳・乳製品販売事業者への影響に関する質問主意書


 三月十一日に発生した原子力発電所事故を契機として、東京電力管内では事業者への節電が義務付けられ、関西電力管内でも節電要請が実施されている。
 製造業者のみならず冷蔵・冷凍が必要な食品の品質を保持しなければならない牛乳・乳製品販売事業者の業務への影響も深刻であり、再び電力需給逼迫が予想される冬場に向けて政府の対策が求められる。
 また、食品摂取による内部被曝を懸念する消費者が増えたことから、牛乳・乳製品の製造・販売事業者も風評被害に苦しんでおり、救済を求める声が上がっている。
 従って、次の事項について質問する。

一 節電による牛乳・乳製品販売事業者の業務への影響について
 @ 節電につき、大企業であれば節電可能な業務部門を中心に対応することも可能だが、消費電力の殆どを冷蔵・冷凍食品の品質保持のための冷蔵庫や冷凍庫の運転に使用している中小零細規模の牛乳・乳製品販売事業者からは、取組みが困難であるとの声が上がっている。節電の実施に伴う牛乳・乳製品販売事業者の業務への影響について、政府として調査は行ったか。
 A 前問につき、調査を行ったとしたら、その結果は如何なるものであったか。
 B 今後の節電につき、事業規模や業態に応じた細やかな目標設定など、改善を行う予定はあるか。予定がないとすれば、その理由は何か。
二 牛乳の風評被害について
 @ 原乳を合乳する段階で放射性物質の計測が実施されており、安全な牛乳のみが市場に流通していると考えているが、間違いないか。
 A 内部被曝を心配した消費者が牛乳の購入を止めるなどの風評被害が発生していると聞いているが、政府として実態調査は行ったか。
 B 前問につき、調査を行ったとしたら、その結果は如何なるものであったか。
 C 東京電力福島原子力発電所事故の発生以後に、学校給食における牛乳の飲用を止めた公立学校はあるか。
 D 前問につき、あるとすれば、全国で何校か。
 E 原子力発電所事故に起因する牛乳に関する風評被害を防止するために、どのような対策を実施しているのか。
 F 前問につき、仮に対策を実施していないとすれば、今後は実施する予定があるのか。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.