衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十三年九月二十八日提出
質問第四六号

中国漁船衝突事案における中国人船長釈放の経緯に関する質問主意書

提出者  小野寺五典




中国漁船衝突事案における中国人船長釈放の経緯に関する質問主意書


 昨年九月の尖閣諸島沖における中国漁船衝突事案は、国民に大きな衝撃を与えた。特に逮捕・送検されていた中国人船長が突如、「那覇地検の判断」で釈放され政府としてこれを了としたことに対し、なぜ那覇地検が「今後の日中関係」の配慮を行ったのか、政府がなぜ前面に出なかったのか等の疑念が国民の間に広まった。
 このような中で、平成二十三年九月二十六日付産経新聞朝刊で、前内閣官房参与の松本健一氏が、船長釈放について菅総理と仙谷官房長官(当時)の「政治判断があった」との証言を行ったと報道された。
 このことを踏まえ、以下の通り質問する。

一 今回報道された、松本健一前内閣官房参与による「政治判断があった」との証言について、政府としてどのように考えるか。この証言を受け、政府として真相究明のための検証を行う意思はあるか。
二 この報道では、「官邸が証拠となる地検のビデオテープに瑕疵があり、起訴しても公判にたえられないと判断した」とされている。どこが瑕疵であったのか、今後更なる調査も必要と考えるが、その前提となるビデオにつき、国民には未だに衝突時の映像記録が全て公開されていない状態である。野田内閣は、映像記録を全て国民に公開する意思はあるか。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.