衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十五年五月十三日提出
質問第六九号

主要農産物に対する農業対策に関する質問主意書

提出者  長妻 昭




主要農産物に対する農業対策に関する質問主意書


 環太平洋経済連携協定(以下、「TPP」)の推進と我が国の農業政策について、お尋ねする。

一 米、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物の主要五品目の各品目ごとに、平成二十五年度予算において措置される対策費の予算額をご教示願いたい。また、予算額のうち、補助金等の内訳をご教示願いたい。
 なお、それぞれの品目について、予算額が示されない場合は、予算額を提示することができない理由をご教示願いたい。
二 米、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物の主要五品目の各品目ごとに、これまで投入された対策費の累計額を、可能な限り遡ってお示しいただきたい。その上で、それぞれの品目について、これまでの対策に対する評価をご教示願いたい。
 なお、それぞれの品目について、累計額が示されない場合は、累計額を提示することができない理由をご教示願いたい。
三 一、二において、金額を提示できない場合、政府は、各品目ごとの対策費を把握することなく、今後も対策を進めていくという理解でよいか。
四 ウルグアイ・ラウンド農業合意に対する関連対策は、平成六年度補正から平成十三年度補正まで、事業費六兆百億円、国費二兆六千七百億円もの規模で進められたが、このウルグアイ・ラウンド関連対策によって、我が国の農業はどのように改善されたのか、米、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物のそれぞれの品目ごとに、改善点を具体的にお示しの上、現時点における政府の評価をご教示願いたい。
 その上で、ウルグアイ・ラウンド関連対策が成功しているとすれば、TPP対策は必要か。また、TPP対策として、ウルグアイ・ラウンド関連対策と同様の対策をしていくのか、その場合はどのくらいの予算規模を想定しているか、政府の見解をご教示願いたい。
 質問番号ごとに、具体的にご回答をいただくことをお願いする。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.