衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十七年四月二十二日提出
質問第二〇六号

総理官邸へのドローンの侵入に関する質問主意書

提出者  奥野総一郎




総理官邸へのドローンの侵入に関する質問主意書


 二十二日に総理官邸の屋上に小型無人飛行機「ドローン」が侵入、墜落しているのが見つかった。そこで、以下質問する。

一 この事件について、政府は総理官邸の警備上、問題があったと考えているか。
二 責任の所在はどこにあるのか。関係者の処分はどのように行うのか。
三 今年一月には米国ホワイトハウスでも、ドローンが墜落する事件が起きている。政府はこれを教訓に、どのような防御・迎撃態勢を整えていたのか。また、今後の対策についても示されたい。
四 ドローンから、微量の放射線が測定された、との報道もあるが事実か。
 なお、以上の質問に対して「警備対策上お答えできない」などの安易な回答をするのでなく、可能な限り真摯に回答されたい。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.