衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十七年七月二十一日提出
質問第三三五号

世界遺産登録における用語の解釈に関する質問主意書

提出者  緒方林太郎




世界遺産登録における用語の解釈に関する質問主意書


 ILO諸条約において、強制労働を意味する言葉として、英語では“forced labor"、フランス語では“travail force"という言葉が充てられている。
 一方、ユネスコの世界遺産委員会において、佐藤大使がユネスコ公用語たる英語で述べた“forced to work"は、同じくユネスコ公用語たるフランス語に訳すれば“force de travailler"が最も適当だと考えるが、政府の見解如何。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.