衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十九年二月二十二日提出
質問第八六号

中央競馬と地方競馬の「二重構造」に関する質問主意書

提出者  柿沢未途




中央競馬と地方競馬の「二重構造」に関する質問主意書


 我が国の競馬に関与する騎手および調教師の免許は世界でも類を見ない二重構造になっており、すなわち中央競馬では日本中央競馬会が、地方競馬では地方競馬全国協会がそれぞれ独自の基準で免許を交付している。

一 このような世界でも稀と言える非効率な免許制度はどのような経緯で作られたのか、政府の認識を示されたい。
二 中央競馬と地方競馬では、売上や賞金額が示しているように、その待遇や労働条件においても大きな格差がある。これについて政府は認識をしているか。
三 安倍内閣は、「同一労働同一賃金」の考え方を働き方改革の中で大きな柱に据えているが、内閣総理大臣賞や農林水産省賞典の授与などを行い、政府とも関係の深い競馬界に内閣の重要施策と相反する格差や差別が存在することをどう捉えているのか、認識を示されたい。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.