衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十九年五月十六日提出
質問第三一八号

東京入国管理局に収容されている外国人多数がハンガーストライキを行っているとの報道に関する質問主意書

提出者  宮崎岳志




東京入国管理局に収容されている外国人多数がハンガーストライキを行っているとの報道に関する質問主意書


 共同通信社が五月十二日に配信した記事「東京入管収容者がハンスト 仮放免者の再収容に抗議」によると、東京入国管理局に収容中の男性二十人以上が、仮放免者の再収容や収容中の処遇に抗議してハンガーストライキを行っているとのことである。ハンスト参加者は、収容施設での取り調べで職員から威嚇や恐喝のような言動があったなどと主張し、処遇改善を訴えていると報道されている。

一 ハンストには何人が参加し、何日間にわたって行われたか。また、参加者の国籍を示されたい。
二 ハンスト参加者は健康状態に支障をきたしていないか。
三 ハンスト参加者は具体的に何を要求しているか。
四 ハンスト参加者は処遇改善を求める要求書を提出しようとしたとされているが、その内容は具体的にどのようなものか。
五 ハンスト参加者は、収容施設での取り調べで職員から威嚇や恐喝のような言動があったなどと訴えているが、取り調べにおいて威嚇的な言動はあったか。取り調べのあり方に問題はないか。
六 ハンストが発生した原因をどのように考えているか。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.