衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十九年十二月六日提出
質問第一〇〇号

東京オリンピック・パラリンピックの開催時期に関する質問主意書

提出者  もとむら賢太郎




東京オリンピック・パラリンピックの開催時期に関する質問主意書


 二千二十年東京オリンピック・パラリンピック大会の開催日程は、七月二十四日から九月初めとなっている。気象庁が発表している東京の日平均気温の月平均値を見れば、七月・八月は一年の中でも最も気温が高い時期となっており、日平均気温の月平均値が二十九度を超えることもある。こうした環境下では、熱中症の危険が高まり、アスリートにとって快適な競技環境とはいいがたいのではないか。
 たとえば、二千七年の夏に大阪で開催された世界陸上では、体調を崩す選手が相次ぎ、男子マラソンは出場者の約三割が途中棄権している。
 千九百六十四年の東京オリンピック大会においては、開催日程は十月十日から十月二十四日の間であった。この月の平均気温は十五・九度と、比較的すごしやすい時期であったといえる。
 これらを踏まえ、以下質問する。

一 開催時期を初秋に変更してはどうかと考えるが、政府の見解は。
二 開催時期の変更が困難であるならば、競技環境やスポーツ観戦環境を整えることが求められるが、どのような対策を行うのか。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.