衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成三十年二月一日提出
質問第四二号

森林環境税の多重の税負担の可能性に関する質問主意書

提出者  城井 崇




森林環境税の多重の税負担の可能性に関する質問主意書


 平成三十年度税制改正で導入が決定した森林環境税について以下質問する。

一 政府は森林環境税と同様に森林環境の保全や整備を目的とする税金をすでに独自導入している都道府県及び市町村を把握しているか。
二 導入済みで同趣旨の都道府県及び市町村独自の税金とこの度の森林環境税が同時に課税されれば納税者にとって二重三重の税負担となりかねない。使いみちの重なるこれらの既存の税金とこの度の森林環境税との調整は具体的にどのように行うのか。
三 森林環境税は具体的にどのような項目に使えるか。具体的な使いみちを示されたい。またムダづかいを防ぐ観点から同税の使いみちが際限なく広がっていかぬようにすべきと考えるが、森林環境税の使途の限定について政府の見解を示されたい。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.