衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成三十一年二月十五日提出
質問第四九号

土地台帳事務取扱に関する質問主意書

提出者  末松義規




土地台帳事務取扱に関する質問主意書


 登記所における、過去の土地台帳事務取扱に関し、次の事項について質問する。

一 畦畔は、本地である田・畑から離れて、独立した一筆の土地として扱われていた。
 なお、当該取扱いの根拠となる法令の規定の存在如何。
二 畦畔は、本地である田・畑から離れることの出来ない付属物として扱われ、独立した一筆の土地として取り扱われたことは無かった。
 なお、当該取扱いの根拠となる法令の規定の存在如何。
 国有畦畔の問題は、財務省のみではなく、法務省及び会計検査院も関与しているものである。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.