衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
令和元年五月二十日提出
質問第一七六号

二〇一九年版外交青書における北方領土の記載に関する質問主意書

提出者  源馬謙太郎




二〇一九年版外交青書における北方領土の記載に関する質問主意書


 先月閣議で報告されたとされる二〇一九年版外交青書において、北方領土は日本に帰属する、との表現が削除されたと報道された。これまでの外交青書において、一九五七年以降継続的に、少なくとも二〇〇九年から二〇一八年までは必ず「北方領土は日本固有の領土」あるいは「北方四島は日本に帰属する」と明記されてきた。このことにつき、以下質問する。

一 今年の外交青書で、これまで継続的に明記してきた「北方四島は日本に帰属する」との表現を削除したのはなぜか。
二 今年の外交青書において、「北方四島は日本に帰属する」との表現を削除したのは外務大臣の判断か。
三 外務大臣の判断でない場合、誰が決定したのか。
四 北方領土に関する「北方四島は日本に帰属する」としてきた日本の立場、認識は変わったのか。
五 国後島および択捉島、歯舞群島および色丹島の北方四島は日本に帰属するか。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.