衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
令和二年四月二日提出
質問第一五二号

朝鮮学校における教材と指導内容に関する質問主意書

提出者  松原 仁




朝鮮学校における教材と指導内容に関する質問主意書


 在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)ホームページの「ウリハッキョ一覧」に掲載されている朝鮮学校に関し、そこで使用されている教材と指導内容について、次の質問に答えられたい。

一 改訂前の朝鮮学校の現代朝鮮歴史の教材に「日本当局は『拉致問題』を極大化し、反共和国・反総連・反朝鮮人騒動を大々的にくり広げることによって、日本社会には極端な民族排他主義的な雰囲気が作り出されていった」(文部科学省仮訳)との記述がなされていたことがあり、まるで北朝鮮が拉致問題の被害国であるかのような印象を生徒に与えていた。日本側の指摘のあと当該記述は削除されたとのことだが、政府として、現在朝鮮学校で拉致問題について適切な指導が行われていることを確認しているか。
二 朝鮮学校の教材に北朝鮮のミサイル開発に関する記述があるか否か、政府として確認しているか。当該記述があるならば、政府が確認している内容は、どのような内容か。
三 朝鮮学校の教材に我が国固有の領土である竹島に関する記述があるか否かについて、政府として確認しているか。当該記述があるならば、政府が確認している内容は、どのような内容か。また朝鮮学校では竹島に関する日本政府の見解を教えているか否かについて、政府として確認しているか。
四 現在、朝鮮学校において、前記質問一から三に関する事項について、事実に基づいた適切な指導が行われていないのであれば、政府として事実に基づいた適切な指導を行うべきである旨朝鮮学校へ申し入れるべきと考えるが、政府の見解は如何。

 右質問する。

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.