衆議院

メインへスキップ



答弁本文情報

経過へ | 質問本文(HTML)へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成十六年四月二十七日受領
答弁第五五号

  内閣衆質一五九第五五号
  平成十六年四月二十七日
内閣総理大臣 小泉純一郎

       衆議院議長 河野洋平 殿

衆議院議員内山晃君提出ハローワークのコンピュータシステムに関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。





衆議院議員内山晃君提出ハローワークのコンピュータシステムに関する質問に対する答弁書



一の(1)について

 平成十五年度末現在、公共職業安定所において全国的に使用しているコンピュータシステムである雇用保険の適用及び失業等給付、特定求職者雇用開発助成金の申請処理等に係るコンピュータシステム(以下「雇用保険トータル・システム」という。)、事業主や求職者に対する求人・求職データの提供等に係るコンピュータシステム(以下「総合的雇用情報システム」という。)並びに公共職業安定所の職員の日常業務に関する業務支援に係るコンピュータシステム(以下「職業安定行政システム」という。)のハードウェアのメーカー、機種・型式、機器台数等については、別表第一のとおりであり、通信回線については、別表第二のとおりである。

一の(2)について

 平成十五年度末現在、公共職業安定所のコンピュータシステムのプログラムについて、使用頻度は、基本的には常時連続して使用しているものであることから、お答えすることは困難であるが、名称、機能、規模等は、別表第三のとおりである。

一の(3)について

 決算が確定している平成十四年度における雇用保険トータル・システム及び総合的雇用情報システムに係るお尋ねの費用については、別表第四のとおりである。
 職業安定行政システムに係るお尋ねの費用については、職業安定行政システムが本年三月二十九日より稼働を開始したところであり、本年度以降も端末の追加等システムの整備を進めることを予定しているため、お答えすることは困難である。

一の(4)について

 お尋ねの「年金運用の変更」に伴う公共職業安定所のコンピュータシステムの変更、機能追加等を行ったことはない。


別表第一 1/3


別表第一 2/3


別表第一 3/3


別表第二


別表第三


別表第四


経過へ | 質問本文(HTML)へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.