衆議院

メインへスキップ



答弁本文情報

経過へ | 質問本文(HTML)へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成二十二年三月二日受領
答弁第一四九号

  内閣衆質一七四第一四九号
  平成二十二年三月二日
内閣総理大臣 鳩山由紀夫

       衆議院議長 横路孝弘 殿

衆議院議員橘慶一郎君提出日本海における「寄り回り波」の原因究明と防災対策に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。





衆議院議員橘慶一郎君提出日本海における「寄り回り波」の原因究明と防災対策に関する質問に対する答弁書



一について

 御指摘の「寄り回り波」に関しては、日本海北部を中心とする海域において、発達した低気圧による北からの強い風により、南向きの風波及びうねりが発達し、これらが日本海を南下して富山湾に達した場合に、富山湾特有の起伏に富んだ海底地形の影響により、富山湾では局所的に高波が発生すること等が、これまでに明らかになっていると認識している。

二について

 気象庁としては、御指摘の「寄り回り波」に関して予報を行うことができる可能性はあると考えており、これまでに得られた科学的な知見に基づき、予報手法の検証を進めているところである。

三について

 お尋ねの海岸事業としては、国が下新川海岸において、また、富山県が雨晴海岸、滑川漁港海岸等の八海岸において、高波対策等の事業を実施しているところである。
 また、お尋ねの港湾事業としては、国が伏木富山港(伏木地区)において防波堤事業を実施しているところである。



経過へ | 質問本文(HTML)へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.