衆議院

メインへスキップ



昭和三十年六月八日提出
質問第一二号

 外地から引揚げた遺家族に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和三十年六月八日

提出者  並木芳雄

          衆議院議長 (注)谷秀次 殿




外地から引揚げた遺家族に関する質問主意書


 東京都南多摩郡稲城村字大丸六百三十稲城寮の斎(注)留太郎氏一家は、終戦まで樺太名好郡名好町北四条四―十六で製材業を営んでいたが、昭和二十年二月に長男栄氏(当時二十二才)は現地で入営し、すぐ敗戦となり、引揚げてきたところ、栄氏の消息はまつたくと絶した。
 引き揚げてきた斎(注)氏は、戸籍がないので、家庭裁判所八王子支部に栄氏を含め、一家十一人の就籍願(新しく戸籍を作る手続)を出し、二十七年七月に許可となつた。
 ところが、昨年十一月になつて、栄さんは二十三年二月ソ連で戦病死したとの公報が入つた。
 そこで、家庭裁判所八王子支部では「公報によれば栄氏は二十三年に死亡しているから、二十七年許可になつた就籍は無効である。よつて、栄氏の戸籍は抹消する」との決定を二月二日に行つた。
 二月末、斎(注)氏は栄氏の遺骨を引き取り、三月はじめ弔慰金、扶助料の下附を申請したが、戸籍に栄氏の名がないため、親子であつた証拠を添えなければ金は渡せないとて、書類が逆送されてきて、いまだ結末はついていない。まことにお気の毒である。

 なんらかの方法で、特殊な事情を考慮して、厚意ある扱いをしてもらうことはできないか。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.