衆議院

メインへスキップ



質問本文情報

経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
平成十八年十月二日提出
質問第三〇号

インテリジェンス・諜報業務に従事する政府職員の研修・教育体制に関する質問主意書

提出者  馬淵澄夫




インテリジェンス・諜報業務に従事する政府職員の研修・教育体制に関する質問主意書


 米国同時多発テロ事件以降、政府の情報機能の強化は重要な課題となっている。そこで、インテリジェンス・諜報業務に従事する政府職員の研修・教育体制について質問する。問題の性質上明らかにすることができない部分がある一方で、インテリジェンス・諜報業務といえども民主的なコントロールの下に置かれるべきことは言うまでもなく、また、政府の情報機能強化のためにも右内容を検証することは不可欠であると考える。
 従って、次の事項について質問する。

一 次の各政府機関におけるインテリジェンス・諜報業務に従事する職員の研修・教育の内容
 1 外務省
 2 警察庁
 3 公安調査庁
 4 防衛庁及び自衛隊
 5 海上保安庁
 以上の実態を把握し明らかにした上で、情報機能強化に関して内閣の見解を問う。

 右質問する。



経過へ | 質問本文(PDF)へ | 答弁本文(HTML)へ | 答弁本文(PDF)へ
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.